スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援よろしくお願いいたします。
お手数ですが、『ガンバレ』とバナーをクリックしていただけると
明日もほっこり生きていけます♪

「裁縫箱」の収納あれこれ

裁縫箱、どんなものを使っていますか?
私はふたつきのアルミ缶を使っていました。
でもなんだか気に入らなく、いい裁縫箱を探していました。
その前に収納場所を決めて、それからその場所に使い勝手のいい裁縫箱を収めることに。
基本のボタンつけくらいしか裁縫はしない私なので、小さな場所でよさげですよね。
でも少しだけですが、こまめに作ることはしませんが、布や毛糸などもあるので、どうせならとそれもいっしょに収納することに。

ということで無印良品の商品を2個使って、裁縫道具を収納することにしました。
ポリプロピレンメイクボックス1/2横ハーフと、1/4横ハーフ。
いまのところたまにハンドメイドしたりしますが、しばらくは持ってるモノで作れるモノ、しか作ることはないと思います。
なので、普段使いのモノだけがすぐ取り出せたらイイのです。

それらをスッキリと収納でき、必要なときにサッと取り出せる収納をやっとすることができました。
まず、1/4横ハーフに基本のモノを。
DSC02895.jpg
今までの裁縫箱はこちらです。
大きさは、幅10×奥行10×高さ6cmです。
今までもこの大きさに入ってましたから、1/4横ハーフには余裕で入ります。

ちなみに無印良品ポリプロピレンメイクボックス1/4横ハーフの大きさは、幅15×奥行11×高さ4.5cmです。
まずは、要らないモノは断捨離しました。

厳選して、糸切りバサミ、ピンクッション、針、まち針、糸、指ぬきなどをこの中に移し替えました。
ボタンをつけることだけになら十分なアイテムだけです。

DSC02916.jpg
こんな感じです。
なんとなくこだわりで糸巻き、裏返してすっきり白だけ見せてみました(笑)。

裁縫箱のすっきり化に成功ですね。
以前の箱よりは大きいですが、ふたがない分かえって使いやすそうです。
でも1/4横ハーフに入れたのは最低限のモノだけで、他にも裁ちバサミやピンキングバサミ、ミシン糸など、大きいモノや数のあるモノがあります。
それらは、今までは空き箱に入れてました。
それらをどのように収納するか考えました。
1/4横ハーフに入れたモノよりは出番は少ないですが、しまいこむとわからなくなりそう。
子供がいないので普段はほぼ使わないですが、ひょんなときに役に立ちますし。
例えば、もう亡くなりましたが母が施設に入るとき、服1枚1枚にネームつけなくてはならなく、紙きりバサミでもよかったのですが、そこはやはり裁ちバサミでネームを小さく切ったりと。
今回は、もう使う機会がないだろうというものは断捨離して、取っておいた方がいいモノだけ、1/2横ハーフに収めることにしました。




DSC02920.jpg


そして裁縫箱の中身だけではなく、手芸関連のモノをもう一度見直します。
前回の記事にしてますが、たまたま持っていた羊毛が役立ちましたが、そのようなたまたま持っている手芸品もあるのです。

DSC02906.jpg


DSC02907.jpg


ダイニングの小さなクローゼットに、フェリシモで買った段ボール収納箱に入れてありました。

でもそれらを役立てたことが今まで何回あったでしょうか。
全処分、はもったいないので半処分だけしてみて、裁縫箱とおなじ場所で収納することにしました。
思い切って大きな布も捨てることにしました。
残しておくモノは、セリアで買ってきたチャックつきポリ袋に整理しました。



DSC02911.jpg

DSC02902.jpg

小さいモノは小さいサイズに。




DSC02915.jpg



羊毛フェルトなどがさばるモノを。

DSC02924.jpg
写真の他に布やゴムやひもなども。
これらと、新しい裁縫箱、この裁縫箱に入りきらなかった裁ちバサミ、他の手芸アイテムを押入れの引き出し収納ケースにしまうことにしました。
1ケースにたっぷり入りますから、ココが大きなソーイングコーナーということですね。

DSC02925.jpg
こんな感じです。
メイクボックスはもちろん重ねてます。

押入れはリビングのすぐ後ろの部屋で、扉は開けっ放しなので、すぐ裁縫箱を取りに行くのにも適しています。
万が一私が不在のとき、どーしてもダンナがボタンつけなどしなくてはならなくなっても、2段に重ねてある上のメイクボックスだけ持ってこれば、必要なモノは入っています。

ゆとりを持ってしまうことができました。
手前に裁縫箱と小さなアイテム、奥に布や羊毛フェルトなどの大きなアイテム。

正直、アルミ缶でも用は足りていたかもしれません。
でもふたがついていない方が、上から見て「あっ、針!」ってダンナにはわかりやすそうなので。
そして今までの入れ物に対する私の愛もありませんでした。
だから、適当なところに置き去りになってましたし。

無印のメイクボックスはすっきり感がイイので、用もないのに引き出しを開けて、ひとりにんまりしてしまいます。
せっかくなので、手芸する気持ちも出ればいいのですけどね。

無印良品の収納グッズを使うと、シンプルで機能的な収納を実現することができますね。
今回も、みなさまのアイデアを参考にさせていただきました。
たまに小さなハンドメイドもお見せできるように・・・やはり、これはわかりません(笑)。
スポンサーサイト
応援よろしくお願いいたします。
お手数ですが、『ガンバレ』とバナーをクリックしていただけると
明日もほっこり生きていけます♪

thread: 片付け・収納・お掃除  -  janre: ライフ

tag : 裁縫箱  ソーイングセット  メイクボックス 

« 押入れケースに入れました | BLOG TOP | 羊毛フェルトでピンクッション »

comment

post a comment

secret:

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。